ケースワークショップ 『僕の研究室のゼミ(研究会・報告会)を、なんとかしてください』

==========================​====================
ケースワークショップ
『僕の研究室のゼミ(研究会・報告会)を、なんとかして​ください』

対象:大学院生・大学教員 ・研究者(分野不問)
2011年8月10日(水) 20時~22時
at 博士のシェアハウス(丸の内線・大江戸線本郷三丁目駅か​らすぐ)
==========================​====================

前回のワークショップ「研究がうまくいかないのは誰のせい?」では、研究室のコミュニケーションの問題を取り上げ​ました。

今回は研究室メンバーが忙しい中時間を割いて集まってい​るにも関わらず、

  • 非創造的
  • 非生産的
  • 非協力的

という、全員にとって不幸な状況になってしまった「ゼミ​(研究会・報告会)」
を描いたケースを取り上げます。

【あらすじ】

主人公は僕、修士1年の浜崎純(はまさきじゅん)。
舞台となるのは僕の研究室での定例ゼミ(研究会・報告会​)。

集まらない学生、伝わらない発表、内職するメンバー、か​み合わない
議論、目的不明な文献輪読…

いつものように、苦痛の時間=ゼミ(研究会・報告会)が​始まった。

なぜ、僕の研究室のゼミ(研究会・報告会)はこんなにい​けてないのか?
「な ん と か し て く だ さ い !」

————————-​——
典型的な不幸な「ゼミ(研究会・報告会)」のあり方を​とりあげ、その根本的原因
と解決方法を考え、学ぶ
いう内容です。

【対象者】

このケースワークショップの対象は、

  • 自身の研究指導・研究室運営方法とは「別のやり方」に​も興味がある教員・研究者の方
  • 自分の研究を進めるのはもちろん、“研究室の運営”も​考えるべき時期が近づいている教員・研究者の方
  • 将来または現在のより良い研究室生活のために、自分の​研究環境について知りたい教員・研究者・大学院生の方
  • です。

――――――――――――――――――
概要
――――――――――――――――――
日時:2011年8月10日(水)夕刻から (詳細時​刻は近日中に決定!)

場所:博士のシェアハウス
(丸の内線・大江戸線本郷三丁目駅からすぐ)

参加費:無料

■当日は上記のケース教材にもとづきゼミ(研究会・報​告会)をメンバーに
とってより良いものにするための方法
を学びます。

――――――――――――――――――
申込方法(先着順)
――――――――――――――――――

以下のフォームから必要事項を記入し、「送信」ボタンを押​してください。

Discussion

No comments for “ケースワークショップ 『僕の研究室のゼミ(研究会・報告会)を、なんとかしてください』”

Post a comment

私たちは『いきいき研究室 増産プロジェクト』を応援しています